旅人人生

人一倍自信が無く、人の目が気になって仕方ない男がうつ病を乗り越えた話と、自転車日本一周旅をするブログです。

日本一周自転車旅の前半 総括

明けましておめでとうございます。

新年より沖縄の地にて、越冬の為に住み込みバイトをしております。
f:id:talon29er2:20210103183530j:plain

ということで、一旦旅が一区切りつきましたので、これまでの旅で感じたことや思ったこと、印象に残ったこと等をまとめます。
f:id:talon29er2:20210103183554j:plain
f:id:talon29er2:20210103185745j:plain



旅を始めてから感じたことは、旅のつまらなさと、自分の小ささです。

旅を始める前は、「旅は『遊び』であり、『好きなこと』だから四六時中楽しくて仕方がないものなんだろうな」と思っていました。
しかし、いざ始めてみると、ひたすら続く同じ景色や登り坂、野宿場所を探して走る日々。8割以上はつまらない時間でした。でも、峠を登りきった後に眼前に広がる美しい景色、一つの県や地方を制覇した時の達成感は格別でした。  
f:id:talon29er2:20210103191143j:plain
f:id:talon29er2:20210103184343j:plain
f:id:talon29er2:20210103191421j:plain

延々と続くつまらない時間や辛い時間を乗り越えたからこそ、達成感や感動はより一層大きくなりました。
4日目に日本国道標高最高地点、渋峠を制覇した瞬間の達成感は今でも忘れられません。
f:id:talon29er2:20210103185003j:plain
この時、僕は「この気持ち、この達成感」が欲しくて旅をしているのかもな、と思いました。


つまらない時間8割、楽しい時間2割…あれ?日常生活もそんなもんじゃん!
ということに気づきました。

結局何をしていても、常に楽しいなんてことはなくて、つまらない時間と楽しい時間がある、ということを旅で再認識しました。


そして、旅のつまらなさを味わってもなお、僕は旅が好きです。
見たことの無い景色、人々に出会うことが楽しみで仕方ありません。
f:id:talon29er2:20210103185513j:plain
f:id:talon29er2:20210103185542j:plain
f:id:talon29er2:20210103185639j:plain
f:id:talon29er2:20210103185831j:plain
f:id:talon29er2:20210103185943j:plain



そして、旅で感じた自分の小ささ。

僕は、社会人になってからも一人暮らしを続け、一人暮らしをしながら自分の稼いだ収入で生活をしていたので、「自分のことはなんでも自分でできている」という風に思っていました。

しかし、いざ旅に出てみるとたった一晩を越すことさえにも苦労をする。そして、旅先では全国で色々な方々に助けて頂きました。
きっと、誰にも助けられることはなく、誰にも応援されず、ずっと孤独で旅をしていたとしたら、この旅は続かなかったと思います。

一人暮らしをしていたときの「自分一人の力で生きていける」というのは、お金や会社に守られ助けられていたからそう思っていただけでした。

つまり、旅をしているときもしていない時も、僕はずっと誰かに助けられていた、ということに気づきました。

自分一人の力なんて本当に小さい。一人では絶対に生きていけない。助け合っているからこそ、生きていける。僕も、色々な人を助けたい。そんな風に思いました。
f:id:talon29er2:20210103191011j:plain



旅の後半、出発は3月中旬を予定しております。
沖縄を南下し、那覇から石垣島与那国島波照間島等を巡る予定です。



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

111日目 沖縄県国頭村~名護市

年内最後の野宿。
車通りの少ない僻地、東屋とトイレがある素晴らしいスポットでテントを設営し快適な野営を行う。

……………はずだったのだが、深夜に車の走り屋がたむろ、早朝にバイクがたむろと連続攻撃を食らい、あまり良く眠れなかった。

もちろん事前にタイヤ痕がないか、煙草の吸い殻が散乱してないかは確認したのだが、まあついてないときはこんなもんか。


日が登った頃に走り始める。
沖縄本島北東部は、嫌になるほど続くアップダウンに加えて、70km程スーパーやコンビニ一つ無い僻地が続く道だった。
f:id:talon29er2:20201229124319j:plain
美しい太平洋が望める区間があるのが救い。

f:id:talon29er2:20201229124404j:plain
f:id:talon29er2:20201229124435j:plain

ひたすら僻地、ひたすらアップダウン。

やたらとかっ飛ばすバイクが多く、どう見ても120km/hは余裕で出てる。
間違えてサーキットに来ちゃったかと思うくらい、高回転数のエンジン音がしばしば響き、50km/hくらいで普通に走る自動車を目にも止まらぬ速さでぶち抜いていく。


幾度なく襲い掛かるアップダウンを越え、名護市の市街地へ再び戻ってくる。
f:id:talon29er2:20201229125112j:plain
なんだかずっと僻地を走っていると、とんでもなく都会に見えてくる。


名護市の宿に着いて、この日の走行は終わり。
と同時に、今年の旅はこれにて終了。

ここからは、年明けから勤務する沖縄本島北部の寮へ移動するのみ。



そして、旅の前半が終了。
後半は3月中旬より開始し、日本海側を走り北海道を目指します。

ここまでこれたのは、決して僕一人だけの力ではなく、旅で出会った方々、また僕を応援してくださっている方々のお陰に他なりません。
本当に、ありがとうございます。



後日、旅の前半の感想や気付きをまとめた記事を一本投稿して、締めくくります。


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

109・110日目 沖縄県名護市~今帰仁村~国頭村

108日目は、一日中雨だったので一日中休んでました。
休んでる時に携帯に連絡があり、応募していたリゾートホテルのバイトが採用になったとの通達が!やったー!!

というわけで、近々沖縄北部に入寮して、そこから3月中旬まで住み込みで働きます。これで一安心。


109日目

朝起きて出発…とはならず、午前中はグダグダだらだらして潰してしまった。まあいっか。

昼過ぎから出発し、名護市から本部半島を一周。
途中、瀬底大橋を渡り瀬底島へ寄った。
f:id:talon29er2:20201226200917j:plain
f:id:talon29er2:20201226200353j:plain
瀬底大橋はやたら傾斜がキツイ橋。

瀬底島は住宅がポツポツ並ぶ島だった。

ぐるっと本部半島を回り今帰仁村(なきじんそん)にて野営。




110日目

朝起きると、ちょっと冷え込んでいた。
とは言うものの、せいぜい薄い長袖一枚だと肌寒い程度。流石は沖縄。


橋で繋がっている離島、屋我地島と古宇利島へ向かう。

屋我地島に渡り、そこから古宇利島へ繋がっている古宇利大橋へ。
f:id:talon29er2:20201226201438j:plain
f:id:talon29er2:20201226201536j:plain
思わず「ウソだろ…」「マジかよ…」と口からこぼれてしまうくらいの美しい景色が眼前に飛び込む。
f:id:talon29er2:20201226201704j:plain
なんという贅沢な景色なんだろうか。今日が快晴だったこともあり、最高の状態で拝むことができた。


その後、沖縄本島最北端の辺戸岬を目指して北上。
県北は地元民の車よりレンタカーの方が多いんじゃないかというくらい、わナンバーとれナンバーの車だらけ。
f:id:talon29er2:20201226202015j:plain
北部の海岸線はめちゃくちゃ美しい。
f:id:talon29er2:20201226202055j:plain
驚異の透明度。
美しい海を眺めながら走る。


そして、辺戸岬へ到達。
f:id:talon29er2:20201226202223j:plain

辺戸岬から更に東へ進むと、こんな看板が。
f:id:talon29er2:20201226202325j:plain
ヤンバルクイナ。名前だけは聞いたことがある。

因みに一度も出会いませんでした。


辺戸岬から進むとずっとアップダウンだらけ。しかもひたすら続く僻地。更に海沿いではなく大部分が山道。
極端に交通量が減る。

僻地を走り続け、日が暮れた頃に丁度野宿できそうな良いスポットがあったので野営。恐らく年内最後の野宿になるかも。




明日は、東村を経由して名護市に戻って入寮の準備や買い物をしようかと思います。
もしかしたら年内最後の旅かも?



にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

106・107日目 沖縄県那覇市~恩納村~名護市

106日目


朝、外に出ると天気が良かった。
沖縄に来てから初めての晴れ空。
那覇市はとても居心地が良かったが、もっと違う景色が見たい。そんな思いを胸に北へ走り始める。

那覇市でずっと一緒にいた、チャリダーの開(カイ)君と一緒に二人で走る。名護市まで一緒に走ろうということで、2日間一緒に走った。


那覇市浦添市宜野湾市までは、ずっと市街地が続く。
北谷町(ちゃたんちょう)から、少しずつのどかになっていく。

ビーチがあったので、一旦そこで休憩。
海辺でツーショット。
f:id:talon29er2:20201223233221j:plain

そして、この美しい海。
f:id:talon29er2:20201223233310j:plain
なんだこの透明度は…。
和歌山県の白浜辺りを思い出す。

そしてアメリカンビレッジへ。
f:id:talon29er2:20201223233340j:plain
すっかりクリスマスムードだった。
f:id:talon29er2:20201223233425j:plain
見て回った後、昼食をA&Wで食べる。
f:id:talon29er2:20201223233450j:plain
ハンバーガー、ポテト共に旨い!
ルートビアを飲んでみたが、やはり湿布の香り。味は結構好きだった。

その後、国道を離れ残波岬へ向かって読谷村(よみたんそん)へ。

二人で風景に感動しながら走る。

残波岬付近の海で写真撮影。
f:id:talon29er2:20201223233532j:plain
東シナ海、本当に美しい。

そして残波岬&残波岬国定公園へ到着。
f:id:talon29er2:20201223233610j:plain
f:id:talon29er2:20201223233640j:plain
f:id:talon29er2:20201223233732j:plain
f:id:talon29er2:20201223234247j:plain

今までいくつもの岬に行ったが、こんな景色は一度も無かった。


残波岬を後にし、恩納村(おんなそん)にて二人でテント泊。




107日目

朝起きると、全然寒くない。
本土では考えられないくらいの暖かい気温。ありがたい。

再び二人で北へ。

不思議な木が並ぶ道路へ。
f:id:talon29er2:20201223233811j:plain
何の木だろう?


途中、有名な景勝地、万座毛へ。
f:id:talon29er2:20201223233844j:plain
f:id:talon29er2:20201223233905j:plain
f:id:talon29er2:20201223233926j:plain
なんだこの海の青さは!!!
見る物すべてが新鮮で、毎回感動する。


恩納村を抜け、名護市に入る。
道の駅でソーキそばを頂く。
f:id:talon29er2:20201223233949j:plain
スペアリブが入っている。旨い!

名護市を走っていると、ポツポツ雨が降ってくる。

名護市でカイ君とお別れをし、僕は今日の宿へ。




明日は一日中雨予報なので、恐らく名護市に滞在します。
その後、本部~伊江島~本島北部といった感じで回ろうかと思います。


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

104・105日目 沖縄県那覇市

104日目

宿泊していたゲストハウスを後にし、この日は那覇市を探索。

とりあえず近くにあった国際通りへ。
f:id:talon29er2:20201222010423j:plain
f:id:talon29er2:20201222010449j:plain
この日は日曜日だったので、昼過ぎは歩行者天国になっていた。

続いて首里城付近へ。
f:id:talon29er2:20201222010535j:plain
f:id:talon29er2:20201222010602j:plain
なんだか日本でありながら、異国のような不思議な雰囲気。

また、あちこち走り回っていると応援を頂いたり、ジュースを頂いたり。
f:id:talon29er2:20201222010636j:plain
ありがとうございました!!沖縄も人が暖かい。


その後、国際通りに滞在している日本一周チャリダーのあっきーさんとご対面。
f:id:talon29er2:20201222010740j:plain
写真販売で生活をしているみたい。凄い根性だ…。


日が暮れた頃、前日に出会った旅人二人と同じゲストハウスに宿泊して合流。
早速国際通りへ繰り出し飲み会へ。
f:id:talon29er2:20201222010833j:plain

同年代の人達と語り合う機会は非常に少ないので、楽しすぎて深夜まで時間を忘れて語り合った。


105日目

起床し、昨日の二人と再び合流。
僕含めて3人とも、沖縄で一旦仕事を探していた。

僕は一応駄目元で応募をかけていたのだが、朝に先方から連絡があったので、顔写真等の必要物を提供していく。

髪色が明るいので、とりあえず美容院を予約して散髪へ。
f:id:talon29er2:20201222010929j:plain
f:id:talon29er2:20201222011012j:plain
「自転車で日本一周してます!」と話をしていたら、なんとおでんをご馳走頂きました!
ありがとうございました!!!

その後、先方からまた連絡があり、選考の結果待ち状態に。今週中には結果が出るとのこと。決まってほしいなぁ…。

二人とまた合流し、夕食へ。
癖が強いと有名な山羊汁にチャレンジ。
f:id:talon29er2:20201222011130j:plain
確かに臭みはあったが、僕は結構好きだった。

この日も夜まで二人と気の済むまで語り合った。 






これから、沖縄本島を時計回りで回ります。





にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

103日目 鹿児島県鹿児島市~沖縄県那覇市

103日目

船内雑魚寝でぐっすり寝た後、奄美大島到着のアナウンスで朝4時頃に起床。

甲板に出ると、降雨によってそこら中びしょ濡れになっていた。
こりゃ沖縄も悪天候かな、なんて考えていた。
f:id:talon29er2:20201220103912j:plain
f:id:talon29er2:20201220103933j:plain
船内の様子。

本を読んだり昼寝をしたりしながら時間を潰していると、昼過ぎ頃に沖縄本島の一歩手前、与論島に到着。

その後、与論島を過ぎた辺りから船がやたらと揺れ始める。
船内を歩くと、揺れによってうまく歩けない。こりゃ本なんか読んでたら酔いそうだな…と思いながら横になって過ごす。

しかし、やはり暇だったのと、雨が上がって曇りになったのもあって、甲板に出たり船内をうろうろしたりしていた。

椅子に座ってボーッとしていると、また揺れが強くなり、今度は酔いそうな予感がしたのですぐに酔い止めを服用。


そんなこんなしてるうちに、遂に19時那覇港到着!
自転車を下ろそうと船の車庫へ向かうと、何やら旅人っぽい自転車が。

f:id:talon29er2:20201220101754j:plain

持ち主と話してみると、なんと長野県から旅してきたのだそう!!加えて、更にもう一人埼玉県から旅をしてきたカブの人もおり、同じ船に旅人が3人乗っていたという事実が発覚。

群馬、埼玉、長野の3人で意気投合し、明日那覇で同じ宿を取って飲みに行くことに!!!非常に楽しみだ。


その後、取っていたゲストハウスに到着。
格安の為、住んでいるお客さんがたくさんいる宿でとても面白い宿だった。




にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

101・102日目 鹿児島県鹿屋市~霧島市~鹿児島市

101日目

午前中はゆっくりして情報収集。
とりあえず明日乗る予定の鹿児島~那覇航路のマルエーフェリーを予約。

12/18の16時頃に鹿児島市の港に着けば大丈夫そう。
ということで、今日明日で鹿屋市から鹿児島市へ向かう。

海岸線を走り、桜島方面へ。

桜島が見えるところまで行くと、やはり桜島からは煙がもくもく上がっていた。
f:id:talon29er2:20201217200640j:plain
うむ、これぞ鹿児島県!というような写真を撮ることができた。

桜島を眺めながら走る。
f:id:talon29er2:20201217200806j:plain
美しい。

f:id:talon29er2:20201217200847j:plain
通りすぎて今度は逆側から。

なんだかやたらと汚れている車を定期的に見たので、恐らく火山灰にやられたのかな?なんて想像する。このときは特に降灰は無かった。
また、緊急避難所もあちこちに点在しており、墓地のお墓には屋根がついているものも多かった。


f:id:talon29er2:20201217201226j:plain
そして霧島市にて夕陽をバックにした桜島を臨み、本日はここまで。

目的地の鹿児島新港までは約45km。かなり余裕だ。


102日目

昨晩から早朝にかけてかなり冷え込み、寒さで夜中に目が覚めた。
もうゴワゴワしようが関係ない、何枚も着込んで寝る。
こういう時、冬用の寝袋があれば問題ないのだが、生憎僕の持っている寝袋は3シーズン用。
気温が5℃を下回ると寒くてかなわないので、アルミシートを併用したり何枚も着込んだりして乗りきっていた。

でも、こんな寒い日の野宿も今日で終わり。
何故なら、これから沖縄へ行くからである!!!!!

ということで鹿児島市を目指して走る。
国道10号線しかまともに行けるルートが無いのだが、姶良市鹿児島市区間は道が狭い上に路肩は殆ど無く、歩道も存在しない。そんな中、大型トラック等がバンバン走る。本当に走りにくかった。
こういう道を通る度に、やはり日本という国は自動車様が快適に走れればそれでいいという道路作りなんだなぁと落胆する。

途中、ドラッグストアで酔い止めを購入。
そんなに乗り物酔いする方ではないが、これから25時間の航路なので、途中でもし酔ってしまったらかなりキツイ。
また、いずれ乗ることになるであろう八重山諸島へ向かうフェリー、「フェリーよなくに」や「カーフェリーはてるま」等の通称「ゲロ船」に乗るときのことも考えて…。


そして鹿児島市に到着。
鹿児島市はかなり規模が大きい。
街中を走り、鹿児島新港へ。

乗船手続きと自転車搬入を済ませ、船内へ。


当然二等客室。
屋根がついていて囲まれている環境で寝れるというだけで、今の僕にとっては贅沢。ありがてえ。

18時に出港し、遠ざかる鹿児島を眺める。

さらば九州!
また来年春先、九州西側も回ります。


ということで、今日から明日の夜19時まで船で過ごします。
到着が夜なので、明日の宿は格安のゲストハウスを押さえてあります。

沖縄は都市部の公園にホームレスの方が多くいて野宿がしにくいらしい。また、離島は昔事件が起こったらしく野宿は禁止とのこと。

更に、沖縄は冬季は雨天が多いとのこと。

…色々とありますが、とにかく楽しみですね!!
あと越冬バイトも探さないと。。。


にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村