旅人人生

人一倍自信が無く、人の目が気になって仕方ない男がうつ病を乗り越えた話と、自転車日本一周旅をするブログです。

170日目 富山県富山市~上市町

昨晩、野宿していた公園に若者が集まり、打ち上げ花火を初めてしまう。
ま、またかよ。伊豆半島の時以来。

安眠妨害を受け、テントの中で落胆していたが、意外と短い時間でいなくなってくれた。


朝になり、結露でびちゃびちゃになっていたテントを見てテンションを下げつつ撤収。
気分転換にと、無料朝食とシャワーを使うために快活Clubへ。
f:id:talon29er2:20210515153315j:plain
そう、ここの快活は思い出がある。

僕が2年前に放浪していた時に、ここの快活に一晩泊まった。
朝外に出ると、当時自転車日本一周をしていた「ゴリさん」という方と出会う。
この時既に日本一周をすることを決意していた僕は、ゴリさんに「僕も日本一周やります!!!」と宣言し、激励を受けた。
そして今、自転車日本一周中にここに来た。感慨深い。


一番安い席で、ちょっといるだけのつもりがついつい漫画を読んで時間を浪費。またやらかした。

昼前に再出発し、立山へ向かう。
遠くに見える白い山に向かって走る。
田園地帯は、やはり散居村を形成していた。

そして本格的に山道となり、登り続ける。

遠くに見えていた白い山、立山連峰が近くに見える。非常に美しい。
f:id:talon29er2:20210515153401j:plain
道中、北日本新聞社さんの方から取材を受ける。
旅の前半に長野日報さんから取材を受けたことを合わせてこれで2回目。
色々な質問に答え、自分の思いを伝えた。

取材を終え、再び登る。
立山駅に到着し、ここから立山黒部アルペンルートへ行くにはケーブルカーやトロリーバス等様々な交通機関を使わなければならない。
当然、そんなお金は持ち合わせていないので、アルペンルートには行かずに県道で登れるところまで登りに行く。
f:id:talon29er2:20210515153433j:plain
途中、立山黒部アルペンルートへの入り口があったが、マイカー規制がかかっており、乗鞍岳とは違い自転車や徒歩も通行禁止。
いつか室堂まで自転車で行けるようになってほしいなぁ。
f:id:talon29er2:20210515153503j:plain
そのまま県道を登っていくも、かなり傾斜が厳しい。
とりわけ厳しい箇所は、傾斜が13%にも及び、呻き声を上げながら登っていた。
f:id:talon29er2:20210515153526j:plain
予想外の厳しさにうろたえながらも、なんとか自転車で行ける最高地点、称名滝に到達。
f:id:talon29er2:20210515153554j:plain
滝に虹が架かっており、美しい。

この時期は雪解けなので非常に水量が多く、水はねで展望台はびちゃびちゃだった。
また写真右手にある滝は、この時期にしか現れない幻の滝らしい。良い時期に来たものだ。
f:id:talon29er2:20210515153619j:plain
そして下り。めちゃくちゃ怖い。
無事に麓の立山町へと下り、夕日に照らされた美しい散居村風景を眺める。
f:id:talon29er2:20210515153651j:plain

そのまま上市町まで移動し、今日はここらで野営。



明日は、新潟県へ。上越市を目指します!!
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

168・169日目 石川県輪島市~富山県高岡市~富山市

168日目
再びアヒル邸にて朝を迎える。
またしても朝食をご馳走になりました。
f:id:talon29er2:20210512095651j:plain
ヒル邸で過ごした2日間、せとすけさんとかいと君と過ごした素晴らしい時間を、僕は一生忘れることはない。本当に、本当にありがとうございました!!!!!

支度を済ませて、かいと君と共に富山県へ向かう。
f:id:talon29er2:20210513133801j:plain

二人で走ると会話が弾む。峠を越えた時の達成感、風の心地よさを共有しながら進む。
f:id:talon29er2:20210513133832j:plain

昼食の時間になったので、何だかんだ食べてなかった北陸のソウルフード、8番ラーメンへ。
f:id:talon29er2:20210513133854j:plain
f:id:talon29er2:20210513133926j:plain
おいしーい!!こうやって会話しながら二人で食事ができるのもいいね。

そして、かいと君と一緒に35県目となる、富山県へ突入。
f:id:talon29er2:20210513133958j:plain
f:id:talon29er2:20210513134029j:plain

そのまま海岸沿いを進み、高岡市雨晴の無料キャンプ場へ。
f:id:talon29er2:20210513134101j:plain
f:id:talon29er2:20210513134128j:plain
うっすらと飛騨山脈が見える美しい雨晴海岸。

キャンプ場では、僕がいつも作って食べているズボラ飯、「カット野菜サバ缶パスタ」を振る舞った。美味しいと言って貰えた。



169日目

朝、雨晴キャンプ場にてゆっくりと目覚め、朝ごはんも簡単に作って振る舞う。

その後、少しゆっくりしてからスタート。
f:id:talon29er2:20210513134158j:plain

高岡市街地に入り、高岡大仏を拝む。
f:id:talon29er2:20210513134227j:plain

昼食は富山ブラック
f:id:talon29er2:20210513134251j:plain
f:id:talon29er2:20210513134316j:plain
富山と言えばコレ!!胡椒の効いた醤油味のラーメン。
ここの店舗のは少し甘味があった。めちゃくちゃ美味しい。

高岡市は藤子・F・不二夫の出身地ということで、ドラえもんのモニュメントがあちこちにある。
f:id:talon29er2:20210513134338j:plain

そして、この辺りでかいと君とはお別れ。
向かう方向は北海道なので、きっとまたいつか会える気がしている。楽しかった!ありがとう!!

お別れをし、僕は南下して砺波市へ向かう。
そう、砺波市の散居村を見に行きたかったのだ。

散居村とは、農地と住宅地が分かれておらず、住宅の周囲に田んぼがある風景のこと。
f:id:talon29er2:20210513175547j:plain
f:id:talon29er2:20210513175617j:plain
地上から見ても、何となく違和感がある。
散居村は富山県にしか存在せず、その中でも砺波市は顕著にその特徴が出ている地域。

キツイ登りを走り、散居村展望台へ。
f:id:talon29er2:20210513175643j:plain
f:id:talon29er2:20210513175715j:plain
f:id:talon29er2:20210513175745j:plain
ここに来るのは2回目なのだが、かなり感動した。
半分くらいは水田で、非常に美しい。

何本か峠を越え、富山市へ。
f:id:talon29er2:20210513175808j:plain
f:id:talon29er2:20210513175829j:plain
街中から、雪を被った高い山々が見える風景が美しい。
こういう風景は、群馬県や長野県に住んでいたときは何とも思わなかったが、長らく西にいたのでとても目を惹かれた。
この風景は特別であったということが、旅をしたことでよくわかった。

今日はこの辺りで野営。




明日は、立山をロープウェイ入口まで登り、その後新潟県入りを目指します。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

166・167日目 石川県輪島市

166日目


素晴らしい野宿スポットで目覚め、輪島朝市へ向かう。
f:id:talon29er2:20210512091319j:plain
f:id:talon29er2:20210512091352j:plain
岐阜県高山市にもこんな朝市があった。
こちらは港町だけあって、魚介類が多い。

輪島市から珠洲市方面へ。
途中千枚田というかなり大規模な棚田があった。
f:id:talon29er2:20210512091423j:plain
f:id:talon29er2:20210512091459j:plain
f:id:talon29er2:20210512091542j:plain
佐賀県玄海町にもあったが、こちらはまた全然違う。現在は水田だが、四季折々で姿を変える美しい棚田。

珠洲市に入り、引き続き海岸を走る。
f:id:talon29er2:20210512091615j:plain

途中、物凄い数の鯉のぼりがある場所へ。
f:id:talon29er2:20210512091754j:plain
壮観。
聞いた話だと、この日がラストだったらしい。

能登半島の最先端に近づくと、グッと登る峠に差し掛かる。
f:id:talon29er2:20210512091826j:plain
キツイ登りだったが、長崎で鍛えられていたので難なく突破。

珠洲市に入ると、不思議な雰囲気の集落をたくさん見かける。
f:id:talon29er2:20210512091923j:plain
古い町並みが多く、独特の雰囲気。

そして珠洲市の狼煙という地域へ到達し、能登半島最先端、禄剛崎へ。
f:id:talon29er2:20210512091955j:plain
f:id:talon29er2:20210512092018j:plain
f:id:talon29er2:20210512092100j:plain
海外の行き先看板があるのがとても印象的。

折り返し、能登半島で気になっていた高級ホテル、「ランプの宿」を見に行く。f:id:talon29er2:20210512092131j:plain
見てるだけで面白い。
…もちろん、こんな貧乏野宿旅をしている僕に、ここに泊まるお金などあるわけがないのでとんぼ返り。

進んで行き、見附島という無人島が見えるスポットへ。
f:id:talon29er2:20210512092204j:plain
上陸ができないような無人島。

そして今日は、せとすけさんという、能登で旅人を招待する方からお声を掛けて頂いていたので、そちらに向かわせて頂く。
わかる人にはわかる、能登のアヒル邸へ。
f:id:talon29er2:20210512092241j:plain
夕御飯から何から色々お世話になりっぱなし。本当にありがとうございました!!



167日目

ヒル邸にて朝を迎え、朝食まで頂く。
f:id:talon29er2:20210512092317j:plain
何よりも美味しい家庭料理を振る舞って頂き、今日はせとすけさんが午後からフリーとのことで、能登半島をご案内頂く運びとなった。

朝、せとすけさんが仕事へ。すると、「やられてます!!」と僕を呼ぶ。
えっ?何事??と外へ出ると、僕の荷物と食糧が盛大にカラスにやられていた。
f:id:talon29er2:20210512092346j:plain
油断していた。
バッグの鍵が甘かったので、食べ物の臭いを嗅ぎ付けて、食糧を根こそぎ奪われてしまった。
これを機に反省しよう。。。

せとすけさんが仕事から戻り、ドライブに連れていって頂きました。
f:id:talon29er2:20210512092429j:plain

今、世界的色々な意味で有名になったイカのオブジェへ。
f:id:talon29er2:20210512092503j:plain

折角なので色々遊ぶ。
f:id:talon29er2:20210512092600j:plain
f:id:talon29er2:20210512092643j:plain
f:id:talon29er2:20210512092715j:plain
f:id:talon29er2:20210512092744j:plain

f:id:talon29er2:20210512092835j:plain

色々語って遊んだ後、この前会った日本一周チャリダーの森のかいとくんと合流。
流れで一緒にアヒル邸へ。
f:id:talon29er2:20210512092953j:plain

夕御飯はお寿司をご馳走頂きました。
f:id:talon29er2:20210512092905j:plain
ありがとうございました…!!もう至れり尽くせり。

そして三人で語り合い、就寝。



ここから、富山県へ向かいます!
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

164・165日目 石川県加賀市~内灘町~輪島市

164日目

加賀の秘密基地にて一泊させて頂きました。
寝床を提供してくださった多聞天さんと、旅の話や色々な話で盛り上がった。過去に100人以上の旅人がここで寝泊まりをしたとのこと。そして、普通に生きていたら絶対聞けないような旅人の奇想天外な話をたくさん聞くことができ、話は尽きることなく盛り上がっていく。

お酒を交わしながら、深夜まで語り合い、眠りにつく。
屋根があって囲まれている環境が本当にありがたい限り。

朝はゆっくり寝坊しようかと思っていたが、いつも野宿をしているからか、そんなに遅い時間まで寝ることなく目覚める。

多聞天さんは朝早くに仕事に行かれたとのことだったので、少しのんびりとさせて頂いた後、出発。


金沢市方面に走り、小松市に入る。
小松市に入った途端、おびただしい数の除雪車が。
f:id:talon29er2:20210509164441j:plain
すべて「コマツ」製の除雪車
もしかして、「コマツ」は石川県小松市から来ていたのかな?と思って調べてみると、やはりそうだった。

金沢に向かって走っていると、白山市にて日本一周チャリダーを見かけたので、声をかける。
f:id:talon29er2:20210509164534j:plain
滋賀県から最近出発したとのこと。やはり今年は去年よりチャリダー増えたなあと実感する。
連絡先を交換してお別れ。

今日は金沢カレーが食べたいと思っていたので、カレーのチャンピオンへ。
f:id:talon29er2:20210509164610j:plain
f:id:talon29er2:20210509164639j:plain
めちゃくちゃ旨い!!
学生の時にゴーゴーカレーによく行ってたのを思い出した。ゴーゴーカレーと比べると、ちょっとスパイスの効いた感じかな?このチャンピオンが元祖金沢カレーらしい。

そして、金沢市をぶらっと回る。
f:id:talon29er2:20210509164712j:plain
f:id:talon29er2:20210509164754j:plain
f:id:talon29er2:20210509164825j:plain
中心はかなり街だが、こういった小京都な風景もあるのが金沢の魅力。

金沢から海岸の方に進み、内灘町へ。
f:id:talon29er2:20210509164848j:plain
こちらで、旅人の間では有名(?)な旅人捕獲勢の方に捕獲して頂き、差し入れ等色々頂きました。ありがとうございました!!

この日は内灘町にて野営。



165日目

朝、撤収しているといきなり雨嵐が襲い掛かってきた。
f:id:talon29er2:20210509164916j:plain
f:id:talon29er2:20210509164939j:plain
一時間程で収まったものの、東屋の中までガンガン吹き込んでテントが濡れてしまったので、後に乾かそうと決めて出発。

かほく市から、海岸線の自転車道を使って北上していく。
f:id:talon29er2:20210509165012j:plain
かなり強風だったが、基本は追い風気味だったのでスイスイ進む。
太陽が出てきたので、道の駅で雨に濡れたテントを乾かす。
f:id:talon29er2:20210509165041j:plain
強風ですぐに乾いた。

そして、車で砂浜を走れることで有名な、千里浜なぎさドライブウェイへ。
f:id:talon29er2:20210509165109j:plain
f:id:talon29er2:20210509165134j:plain
残念ながら全面通行止め。この強風なら仕方ない。

羽咋市を通って志賀町へ。
ひっぱり餅という能登名物があったので、買って食べてみる。
f:id:talon29er2:20210509165206j:plain
f:id:talon29er2:20210509165231j:plain
とっても美味しい。

そして志賀町にある、ギネスにも登録されているらしい世界一長いベンチを見に行く。
f:id:talon29er2:20210509165301j:plain
f:id:talon29er2:20210509165329j:plain
本当に長い。何の目的でこんなに長くしたのだろう。
旅人にはベンチを寝床として使う人もいるが、ここは晴れていて風が凪いでいれば使えなくもないかな…。

能登に向かって走っていると、トトロに見える岩(権現岩)があった。
f:id:talon29er2:20210509165352j:plain
f:id:talon29er2:20210509165420j:plain
遠くから見ると可愛い。近くに寄るとなんか怖い。

輪島市に入り、市街地から離れた場所に輪島重要伝統的建設物群があったので寄ってみる。
f:id:talon29er2:20210510081714j:plain
f:id:talon29er2:20210510081737j:plain
良い雰囲気。
能登半島は、こういった場所ではなくとも、古い町並みが多く存在している。

そのまま輪島市街地に入り、この辺りで野営。




明日は引き続き、能登半島を回っていきます。
にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

163日目 福井県福井市~石川県加賀市

福井市内から大野市へ向かう。
f:id:talon29er2:20210507125602j:plain

国道158号線を使って山道を走る。
行き先に、僕の大好きな町である郡上が表示され、テンションが上がる。
f:id:talon29er2:20210507125633j:plain
この国道158号線を使っていけば、郡上白鳥に到達する(行かないけど)。
郡上市、ここに訪れたのは旅を始めてから2週間程の頃。沖縄までぐるっと回ってきて、ようやくこの辺りに戻ってきたということになる。長かったなぁ。

思い出に耽りながら緩い峠を越え、大野市へ。
f:id:talon29er2:20210507125658j:plain
f:id:talon29er2:20210507125728j:plain
かなりの高所にある大野城を中心として、城下町が形成されている。

大野市は全域が特別豪雪地帯に指定されており、主要道路には融雪のスプリンクラーが殆どの箇所に設置されている。
f:id:talon29er2:20210507125751j:plain

また、大野は名水の里でもあり、御清水では名水を無料で汲むことができる。
f:id:talon29er2:20210507125815j:plain

美味しい水を補充し、大野城へ。
大野城までの道のりは、麓からの徒歩のみとなっていた。
f:id:talon29er2:20210507125841j:plain
f:id:talon29er2:20210507125903j:plain
このような階段や坂道をひたすら歩いて登る。

そして本丸へ。
f:id:talon29er2:20210507125929j:plain

本丸より、大野盆地を見下ろす。
f:id:talon29er2:20210507130034j:plain
規模としては小さめの市なのだが、不思議な魅力があった。

越前大野を後にし、勝山市を回って福井平野へ向けて下る。
途中、僕を見た方から差し入れを頂きました。
f:id:talon29er2:20210507173128j:plain
ありがとうございました!!

かなりどうでもいいことなのだが、国道マークがやたらでかい看板を発見。
f:id:talon29er2:20210507173148j:plain
だから何だといった感じ。

福井盆地を北上し、34県目となる石川県へ突入。
f:id:talon29er2:20210507173210j:plain
石川県はキッチリ能登半島も回る予定なので、ちょっと長居するかも。

本日は、旅人の間では有名(?)な「加賀の秘密基地」にてお世話になりました。
f:id:talon29er2:20210508005519j:plain
f:id:talon29er2:20210508005542j:plain
旅人に寝床を提供してくださる、神のようなお方のもとでお世話になる。
色々な話で盛り上がり、楽しい一時を過ごさせて頂きました。
ありがとうございました!!!!!




明日は、ゆったりと金沢市へ向かいます。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

161・162日目 福井県若狭町~福井市

161日目

この日はずっと雨だったので、温泉施設に入ってゆっくりと暖まる。

温泉から上がった後も、休憩室でひたすらのんびり。
15時頃、昨日出会った日本一周チャリダーの「森のかいと」君が合流。
一緒に道の駅で語り合い、そのまま一緒に野宿。
f:id:talon29er2:20210506175500j:plain
f:id:talon29er2:20210506175539j:plain
何だかこうやって誰かと一緒に夜を過ごすのも久しぶりだなぁ。

かいと君とは、旅を始めたきっかけも、これまでの人生経験も、元々の性格もかなり違っていて面白い。

かいと君は、明日明後日それ以降のルートや宿泊場所をキッチリ考える。その横で、僕は明日は明日の風が吹くさ、と何も決めずに好きに走って適当に野営すればいいやと考える。

同じ旅人でも、こうも違うものかと感心する。
しかし、「自分の好きなように、今やりたいことを全力でやる」という心意気は、二人とも共通していた。


162日目

道の駅で一緒に朝を過ごし、かいと君をお見送りしてから僕もスタート。

折角なので三方五湖を回ろうと思い、湖畔へ。
f:id:talon29er2:20210506175635j:plain
雨の影響か、かなり霧が出ていた。

進んでいくと、合掌造り舟屋が出現。
f:id:talon29er2:20210506175724j:plain
ちょっと今も使われているのか微妙な感じだが、合掌造りが適用されているということは、やはり豪雪地帯であることが伺える。

そのまま進むと、とある神社が現れる。  
f:id:talon29er2:20210506175757j:plain
どこにでもあるような小さな神社なのだか、何故か猛烈に目を引かれ、引き寄せられるようにお参りをした。

三方五湖周遊道路に突入。
f:id:talon29er2:20210506175832j:plain
f:id:talon29er2:20210506175904j:plain
f:id:talon29er2:20210506175928j:plain
f:id:talon29er2:20210506180052j:plain
f:id:talon29er2:20210506180117j:plain
f:id:talon29er2:20210506180147j:plain
歩行者・自転車のみの道路となっており、非常に静かでアップダウンも少なく走りやすい。
水面に映る風景が美しく、写真には収められなかったものの、野鳥も多く生息していた。

若狭町は自転車が盛んなのか、サイクリングロードがあちこちにあった。旅が終わったらまた走りに行きたいな。

敦賀方面へ、若狭路を走る。
f:id:talon29er2:20210506180211j:plain
水田の間を一直線に貫く若狭路。これが真冬は一面の銀世界に変わると想像すると、面白い。

そして、若狭地域の終着点、敦賀へ。
f:id:talon29er2:20210506180236j:plain
f:id:talon29er2:20210506180302j:plain
この敦賀港付近の雰囲気はとても好き。

ここから福井市方面に向かうのだが、敦賀~越前を結ぶ国道8号線はとんでもない自転車・歩行者殺しのデスロード。どちらの車線にも路肩は存在せず、道端も大型車1台分程。更には、左車線側は断崖絶壁であり、もし落ちたりしたら即死だろう。そんな道が10km以上続き、かつアップダウンもあるので、絶対に避けるべき道路だ(詳しいのは二年前に知らずに通って死ぬ思いをしたから)。

なので、ここは国道476号線を使って山越えのルートを選択。木の芽峠という、そこそこの峠を越えていく。

峠の途中、車のナンバープレートが草むらに落ちているのを発見。
f:id:talon29er2:20210506180334j:plain
正規の方法で外されたようには見えなかったので、とりあえず#9110に通報し、詳しい位置情報を提供して後は警察の方にお任せした。

峠を越え、若狭から福井平野へ。
越前市に入ると、遠くに雪を被った北アルプスが。
f:id:talon29er2:20210506180353j:plain
ちょっと写真だと分かりにくいかな。

雪を被った山々を見ると、なんだか懐かしい気分になる。
近畿以西には標高2000mを越える山が存在しないので、この風景は見ることがない。
群馬県育ち、長野県在住経験のある僕にとっては普通の風景だったが、長い間西の方に居たことでこの風景の特殊さを理解した。

今日はこのまま、福井市まで進み野営。



明日は、山を越えて大野市勝山市へ寄ってから石川県へ突入します。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村

160日目 京都府伊根町~福井県若狭町

道の駅に併設されている公園でこっそり野宿をしていたところ、深夜0~1時頃にかけて物音と話し声、ちらつく明かりで起こされる。

何かと思ったら、僕のテントの隣でテントを設営している人がいた。
こんな時間に、しかも僕の隣でテント設営するやつがあるかとかなり苛立つ。僕のテントを見つけて、「先にやってる奴がいるから自分もやっても言い訳できるだろ」とでも思ったのだろうか?なんて考えたりしながら再び眠りにつく。

朝目覚め、テントを撤収。
隣のテントは7時を回っても一向に撤収する気配がない。
安眠妨害されたストレスを感じながら、朝の支度を進める。

すると、隣のテントの人の仲間らしき人が現れ、僕に話しかけて来た。
旅のことを色々聞かれたり話されたりしたが、その人に対しては正直安眠妨害されて苛ついていたのでかなり素っ気なく対応し、挨拶もすることなく足早にその場を去ってしまった。 


気分転換にと、朝の伊根の舟屋を見に行く。
f:id:talon29er2:20210504105155j:plain
f:id:talon29er2:20210504105238j:plain
f:id:talon29er2:20210504105309j:plain
何度見ても、面白い風景。
伊根の舟屋の写真は見たことあったので雰囲気は知っていたが、山に沿うように舟屋が建っていることは知らなかった。
仮に海面が上昇したらどうするんだろう…とか考えてしまう。

舟屋通りを通ってゆく。
f:id:talon29er2:20210504105341j:plain
f:id:talon29er2:20210504105401j:plain

伊根町から宮津市へ。
途中、天橋立を渡る。
f:id:talon29er2:20210504105423j:plain
f:id:talon29er2:20210504105444j:plain
天橋立は徒歩、自転車、原付はそのまま無料で通過することができる。道は未舗装で風情がある。お世辞にも走りやすいとは言えないが、自然の織り成す海面上の橋を渡れるというだけで面白い。

天橋立を渡り、道の駅宮津へ。 
f:id:talon29er2:20210504105514j:plain
別に道の駅そのものは特別なものではないのだが、僕はこの道の駅にかなり思い入れがある。

2年前、深夜にここに野宿をするために訪れた。
野宿と言っても、持っているのはマットのみで、寝袋もテントもなかった。
その辺のベンチにマットを敷いて、持っていた服を布団代わりにして横になるも、全然眠れない。何せ、生まれて初めての野宿だったからだ。
結局、一時間ちょっとしか眠ることができず、吐き気を催しながらまた漕ぎ出したのが懐かしい。

懐かしさを感じながら、舞鶴方面へ。
舞鶴市街地手前に、レトロ自販機コーナーがあった。
f:id:talon29er2:20210505062928j:plain
f:id:talon29er2:20210505063014j:plain
僕が物心ついて間もない頃は、こういう場所がちらほらあったよなぁ…なんて思い出す。

舞鶴へ入り、赤レンガを眺めたりしながら進む。
f:id:talon29er2:20210505063106j:plain
f:id:talon29er2:20210505063206j:plain

京都舞鶴。この場所には、旅人の間では有名なとある人物がいると噂だった。
それは、「舞鶴のホモおじさん」。
舞鶴に拠点を置き、通過したり舞鶴港を利用する旅人に声を掛けては家に連れ込み、猥褻行為をすると噂のゲイのおじさん。…らしい。

あまりにも有名過ぎる為、顔写真も出回っており、僕もその写真は確認していた。
しかし、舞鶴では特に出会うこともなかった。そう、舞鶴では…。

そして33県目となる福井県に突入!
f:id:talon29er2:20210505063302j:plain
北陸地方に突入。

若狭路を進んでいく。
すると、突然手招きして呼び止めてくるおじさんが現れた。

そう、舞鶴のホモおじさんだった。
確認していた顔写真そのまま。声をかけるなり、物凄く近い距離に寄ってきて「今日はどこまで行くの?シャワー浴びたくない?私は舞鶴なんだけど、家に泊まってもいいよ?スポーツは何をやっていたの?」と質問される。とにかく距離が近い。
素性は知っていたので、やんわりと受け答えをして、「すみません用事があるので!」とすぐに逃げた。


その後、道の駅にてとある人物と待ち合わせをしていた。
鹿児島かれ自転車で日本一周をしているカイト君だ。
f:id:talon29er2:20210505063350j:plain
f:id:talon29er2:20210505063428j:plain
少し前から、近くにいて同じ方向を目指しているということで紹介してもらっていた。

まだ、旅を始めてから3週間程とのことだった。色々と情報交換をし、少しの間一緒に走り、彼は今日はゲストハウスを予約していたとのことでお別れ。また会いましょう。

暗くなるまで走ろうと思い、もう少し進む。
若狭路は縦信号だらけで、縁石には赤白のポールが無数に立っており、ここが豪雪地帯だということが理解できる。
f:id:talon29er2:20210505063535j:plain

一面に田んぼが広がる一方道を駆け抜け、若狭町にて野営。





明日は、一日中の雨予報が出ていることと、心身ともに疲れを感じるので停滞しようと思ってます。
そして、明後日は三方五湖をぐるっと回ってから福井方面へ向かう予定です。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ
にほんブログ村